ゆとり会社員HAYAMAの雑記

ゆとり会社員が音楽、パソコン、日々の生活で思ったことを ゆるーく雑記するブログです。

【ビンクスの酒 /『ONE PIECE』】をバンド用に譜面化してみました!

2ヶ月ぶりのブログ更新、私にしては早い方
です。ゆとり系ブロガー代表HAYAMAです。

ところで皆さん、音楽には、風景や光景や
情景や、かつての記憶を連想させるものが
あると思います。
これについて書き始めると、それだけで記
事になってしまうので、詳細は割愛します
が、連想を導く音楽というのは、私は素晴
らしいと思うのです。

そこで、今回私が取り組んでみた曲、日本
のみならず全世界で大人気、ワンピースの
『ビンクスの酒』ですが、まさに、これに
該当する曲だと思うのです!
まさに、海賊が歌いそうな曲調であり、考え
抜かれたリズム、音程、歌詞、メロディ、
楽器構成、凄すぎると思うのです・・・!

この曲についての感想はここまでにさせて
もらい、そろそろ本題に移ろうと思います。
『ビンクスの酒』をバンド構成用に耳コピ
打ち込みしてみましたので、まずは↓に
動画を貼ります。

youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be


<作成後記>
長文になってしまうので、目次を作っておき
ます。



全パート(バンド構成)

なかなか、というか、かなり苦労したのは、
ボーカルです。
やはり、男声の太い ”がなり声” 的な要素が
欲しかったですが、”きりたん" はクリアな
声質をしており、再現が厳しかったです。
あと、複数人で歌っている感を出すのも、
結構難しかったです。時間をかければ、もう
少しうまく複数人の感じを作れたかもしれま
せんが、時間の都合上、この形で完成させて
おります。

低音のリズムパートは、もう少し重厚感が欲
しいところでしたが、バンドで演奏できるこ
とを目標としたため、ベースとドラムで何と
か構成してみました。

個人的には、それなりにうまく構成できたか
なと、まぁまぁ満足しております。
ボーカルの男声化と、エレドラでの音作りを
行うと、もう少し雰囲気は出るのかなと思い
ます。

ピアノ

この曲は、演奏では、なんと言ってもピアノ
が主役だと思うのです!
キーボーディストの皆さん! 今がチャンス
でぇす!

ピアノですが、楽譜がうまく描けていないの
は、毎度のことなので目を瞑って頂き、構成
は、なかなかうまくできたかなと思っている
のですが、どうでしょうかっ!?

スタッカート気味に弾いた方が良い箇所、ま
たは、逆に少し伸ばし気味に弾いた方が良い
箇所があると思います。
ペダルの使用有無も含めて、皆さんのセンス
を遺憾無く発揮頂き、調整頂くのが良いと思
います!

左手が、オクターブが多く、移動も大きめな
ので、簡単にサクッと弾ける譜面ではないと
思いますが、歌いながら弾ける場合は是非、
チャレンジしてみて欲しいです!

ベース

この曲のベースは、とてもシンプルな感じで
仕上げております。
私の打込み技術の問題が大きいですが、本当
は、もう少し重厚感があり、ある程度尖って
いながらも音圧が有る音にしたかったです。
私はオクターバーを使って1オクターブ下の音
程を加えてみています。

コントラバス等の擦弦楽器で弾くのも、もち
ろん良いと思います!
ただ、私は擦弦楽器について知識が全くない
ので、この譜面で弾けるかは分かりません。
(ご指摘あれば教えて下さい)

ベースとコントラバスのユニットで低域を担
当するのも、面白いと思います。
音の輪郭は両者で違うため、うまく棲み分け
ができると思います。

シンセ(バイオリンパート)

この曲の、私の耳コピ構成で一番ある意味重
要なのが、シンセパートです。
(文章が下手でスミマセン)

鍵盤1人用の譜面としました。右手でバイオリ
ンパートを弾き、左手は曲の低域の補強とし
ております。
ベースで音のトランジェントを出し、シンセ
の左手で音圧を稼ぐようにしてみました。
右手は曲の雰囲気を出すために重要であり、
左手は曲の土台を構成するために重要です。
あまり目立たないかもしれませんが、私的に
は、玄人さん向けのイチオシパートです!

両手弾きは、箇所によっては少し難しいとこ
ろがあるかもしれませんので、ご自由にアレ
ンジを頂ければと思います。

このパートも、もちろん、バイオリンなどの
擦弦楽器で弾くのも良いと思います。
擦弦楽器用への譜面の適正化は、スミマセン
がお願いしたいです。

まとめ的な感想、その他

この曲は、皆でワイワイと楽しく歌えると、
素晴らしいと思うのです!
ライブなどの ”締め" で、会場の皆さんと
一緒に歌えると、最高だと思いませんか!?
手拍子、合いの手、なんでもアリだと思い
ます!
共感頂ける方は是非、動画を参考頂き、演奏
にチャレンジしてみて欲しいです!

また、この曲は管弦楽団でも演奏できると思
うのです!
バイオリンやトランペット等は一切触ったこ
とが無いHAYAMAですが、もし皆様からの熱
烈なオーケストラ仕様譜面のご要望がござい
ましたら、どうしたら良いかは現状分かりま
せんが、考えます!

以上、長文となってしまいましたが、作成後
記でした。


☆☆☆☆彡
ということで、どの海賊団が歌う ”ビンクス
の酒" も良いけど、私はロジャー海賊団Ver.
が好き・・・  
       『神避~!』
ということでした。

これまでに、ありがたいことに、YouTubeに
アップした動画において、いろいろなリクエ
ストやご要望を頂いております。
HAYAMAは平日はサラリーマンでグロッキー
状態なので、活動できる時間に限りはあるの
ですが、私と皆さんがWin-Winに感じられる
様な活動が出来ると良いと思っています。

この土日は、少しその取り組みを進めてみま
すので、近日ご連絡したいと思います!

この記事は珍しく土曜日投稿です。明日寝坊
せずちゃんと私が活動できることを記念して
本日はここまでにします。

【Ready Steady Go! / 水瀬いのり】をバンド用に譜面化してみました!

前回のブログ投稿が2月の9日。3か月ぶりの
投稿です。
記事の新規作成方法を忘れかけてしまった、
年間4記事系ブロガーのHAYAMAです。

というのも、いろいろ事情があったのです。
ほぼフルVer.での構成だった点、テンポが速
くて動きが多くて不慣れな調で曲の難易度が
高かった点、普段の楽譜ソフト(Dorico)では
なく、初めてMuseScoreを使用する必要があ
った点、ギターが2本あった点、

そしてなにより、

プライベートで凄まじい用事があったこと!

まぁ、プライベートの件は触れないでおい
て下さい・・・。

久しぶりの記事で、余計な前書きが長くなっ
てしまう気がしますので、本題に移ります。

リクエストを頂いた本曲、Ready Steady Go!
の動画を↓に貼ります。
youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be


<作成後記>
長文になってしまうので、目次を作っておき
ます。
あと、感情が入りすぎて、順序だった要点が
押さえられている文章ではないと思いますの
で、スミマセンが、お付き合い下さいませ。


全パート(バンド構成)

とにかく、とても大変だった・・・。今まで
で一番大変だったのではなかろうか・・・。

まず、曲の調が凄かったのです。♯が4個とか
7個ほど付いてます。私は完全アマチュアの
鍵盤楽器出身者なので、ハ長調専門です!
というのは若干冗談ですが、やはり、♯や♭
の多い曲は、体にその調の感覚が染みついて
ていないので、耳コピも大変でした。

そして、”きりたん”も大変でした。サビの
「Fly High Fly High」のファーストトライの
合成は、凄いことになりましたね。
あと、合いの手の合成も、なかなか大変だっ
たのですが、なんとかできたのかなと思って
おります。

あと、この曲のミソは、「All right!」の、
可憐な女性ボイスでの、合いの手だと思うの
です。
男性の皆さん、意中の女性がこの曲をバンド
で演奏していて、星間飛行のランカちゃんの
「キラッ☆」みたいなポーズで「All right!」
と言っていたら、ライブ後に告白してしまい
ますよね?
ポーズを取ると演奏が止まってしまうのは、
気にしないでおきましょう。

つまり何が言いたいかと申しますと、この曲
は、非常に弾きごたえがあり、演奏していて
とてもノレるでしょうし、カワイイ箇所もあ
り、素晴らしい曲ということです。

それでは、そろそろ各楽器の項目に移りたい
と思います。

ギター

普段は私はギターは1本で構成しますが、こ
の曲は2本構成です。というのも、最初にベ
ースを耳コピしている時点で、「この曲は私
の変なこだわりをしている場合ではない。全
力で臨まなければ」と悟ったからなのです。

リードとバッキング共に、かなり難しいと思
います。テンポが速くて動きが多いです。
し「HAYAMAの動画で弾いてみたよ!」とい
う方がいらしましたら、ぜひご連絡下さい!

リードについては、息つく間もないです。ギ
ターソロ箇所より、他の箇所の方が難しいの
ではないかという感じです・・・。
ただ、リードはこの曲の華だと思うので頑張
って欲しいです!
バッキングは派手なフレーズは無いかもしれ
ませんが、こちらもキレの良いコード弾きで
カッコイイと思います。たまに目立つポイン
トを入れているので、そこは華麗にお願いし
ます!

ベース

私は曲の耳コピを行う際、だいたいベースか
ら始めることが多いのですが、この曲のベー
スの耳コピを始めた際、私は思いました。こ
れはヤバいと。そして、動きの量がハンパな
い! 動き方もハンパない! そして、神曲
だと。

間違いなく、私がこれまでやってきた曲の中
で一番難しかったと思います。

演奏難易度も非常に高いと思います。この譜
面動画を、指板ノールックでランカちゃんの
様な笑顔で弾ける方が居たら、神です。
弾ける方いましたら、ぜひご連絡下さい。
特別に注釈しなければならない箇所は無いの
かなと思ってはおります。テンポが速く動き
が多いので、頑張って欲しいです!

キーボード

冒頭でも少し触れましたが、”調”が正しくない
かもしれないです。それに付随して、音符の
表記も変になっている箇所もあるかもしれま
せん。いろいろ気になる箇所があるかもしれ
ませんが、何卒温かい目で見て頂きたくお願
い申し上げます。

あと、やたら”タイ”が多い譜面になってしま
っています。Cubaseで打ち込んでからMIDI
出力して、それを楽譜ソフトで開いているの
で、いわゆる”手書き”譜面ではないのです。
見やすい様に直せば良いと言えばそうなので
すが、ちょっと手間がかかりすぎてしまうの
で・・・   スミマセンがご了承下さい。

上述した変な点や見にくい点があるので、譜
面情報(視覚情報)だけでなく、音の情報も活
用頂き、参考に頂けますと幸いです。

ピアノとシンセ共に両手弾きの箇所があるた
め、鍵盤は2台構成がオススメです。伝え遅
れましたが、1人用譜面です。

それなりレベルの両手箇所もあり、オクター
ブ弾きを速いテンポで行う箇所もあり、キー
ボードパートもやはりそれなりに難しいと思
います。
私はキーボーディストなので、難しさはそれ
なりに分かるつもりです。もし弾けた方が居
たら、ぜひご連絡下さい!

 -  -  -  -  -  -  -  -

ということで、大変に長文になってしまいま
したが、作成後記でした。

どのパートも、私の譜面動画は、難易度は非
常に高いと思います。
ライブで演奏するのは、おそらく相当大変か
と思います。観客の方を向いている余裕は全
くないかもしれません。ライブでは、やはり
会場全体の楽しさも大事と思いますので、あ
まりに演奏に集中しなければならない難易度
よりも、多少余裕のある形にアレンジして頂
き、会場一体で楽しくできるのが良いかなと
思っております。

リクエストを頂いてこの曲にチャレンジしま
したが、どのパートについても、音作りや音
階の作り方など、この曲からは多くを学ばせ
てもらいました。非常に大変でしたが、チャ
レンジできて良かったと思っております。


☆☆☆☆彡
ということで、王道アニメロックソングは
最強! あと、ブログは1ヶ月に1回は更新
した方が良いんじゃない? という記事で
した。

最近、寒かったり暑かったり、気温の上下
が激しすぎませんか・・・
私のコンディションは絶不調です・・・
もうすぐ夏になってコンディションも上が
ってくると思うので、それまでなんとか頑
張りましょう!

あっ、そういえば私、別に夏も特別好きな
訳じゃなかった・・・
という悲しみを抱えつつ、3か月ぶりのブ
ログはここまでにしたいと思います。

【三文小説 / King Gnu 】をバンド用に譜面化してみました!

まだ、前回投稿から1ヶ月経ってません。
脱ゆとり系ブロガー、HAYAMAです。

遂に、やってしまいました。そうなのです。
King Gnuさんの曲にチャレンジしてしまった
のです!

以前から、やりたいと思っていたのですが、
King Gnuさんの曲って、公開されて数日で
”弾いてみた、tab化してみた”系の動画が出て
しまいます。(超人気バンドなので)
個人的に、他の多くの方が既に行っている内
容を、後発で行うのは、なんとなく気が引け
るので、悩んでいたんです。

しかし! 三文小説は何故か、上記系の動画
が少ない! これはチャンス! ということ
で、実行に移ったのであります。
(ギターとベースが無いからでしょうか・・・?)

相変わらず余談が長くなってしまったので、
まずは動画を貼ります。

youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be


<作成後記>
長文になる気がするので、作成後記の目次を
作っておきます。


全パート (バンド構成)

本曲では、楽器毎の括りではなく、「担当」
という括りで、動画を作成しています。
というのも、King Gnuさんの曲は、本曲も
含めて、「ハモリ」も大事だからです。
各担当の役割は、後で詳細を記載します。

実は、この曲をやるに当たって、私にとって
ラッキーだった点が、メインボーカルが高音
だったということです。
私は「きりたん」にしかボーカルをお願いで
きないので、バリバリ男性キーの曲は、実は
苦手なんです。   という、余談でした。

全体的には、もちろん原曲の雰囲気には遠く
及ばないものの、いつものこだわりの5人編
成で、なんとか仕上げられたのかなと思って
います。 まぁまぁ満足です。
しかし今回は、いつもの Vo./Gt./Ba./Key./Dr.
ではなく、Vo./Key./Ba./Key./Dr. になってい
ますが、私はキーボーディストなので、鍵盤
が多いのは多少の忖度ということで、良いこ
ととしましょう。

あと、ハモリは、3人が担当するのですが、
「このハモリはこの担当」という決まりは
ありませんので、良い感じに割り振って頂け
ればと思います。

[担当①] ボーカル/オルガン, 他

メインボーカル担当で、演奏では、イントロ
の「打音」っぽい音と、ピアノソロ時のバッ
クの「オルガン」の担当です。

メインボーカルとして、なかなか難しい歌唱
とは思いますが、頑張ってください!
打音は、原曲を参考頂いて音を事前に作って
おいて、シンセに音を登録しておくのが良い
と思います。
打音の演奏が終わったら、オルガンに音を切
換えて、つまり、シンセ1台で弾けるのがベ
ストだと思います。
打音もオルガンも音域は広くないので、機能
面重視の”カッコイイコンパクトシンセ” で弾
くと、観客の熱い視線を独り占めできると思
います。

あと、もう1つ、大事な仕事をお願いしたい
のです。
必要に応じ、担当②の音色を切換えてあげて
欲しいのです。詳細は”担当②” の項目で書く
ので、担当②の人に聞いてみて下さい。

[担当②] ハモリ/ピアノ/シンセ

ピアノとシンセの担当となります。

まずはピアノについて。
ピアノは、88鍵必要です。演奏技術的にバリ
バリ難しい訳ではないと思います。
ピアノ用として、まず1台の鍵盤が必要とな
ります。

次にシンセについてです。
私は、シンセの1と2で音色を分けてますが、
場合によっては同じ音色でも良いかもしれま
せん。ただ、若干似た系統の音の様な気はし
ますが、やはり違う音色だと思います。

シンセ用の鍵盤台数ですが、下記パターンが
あると思います。
①:同じ音色にして、鍵盤1台とする。
②:違う音色にして、鍵盤2台とする。
③:違う音色にして、途中で音色の切換えを
  行なう。つまり鍵盤1台。

そして、担当②の鍵盤合計としては、ここに
更に、ピアノ用の1台が加わる訳であります。
鍵盤3台を用意するのは現実的ではないと思い
ますので、私としてはパターン③で合計2台
とするのをオススメしたいところです。

ただ、そこで問題となってくるのが、担当②
の人は、途中でシンセの音を切換えるための
ブレイクがありません。ですので、担当①の
人にお願いして、
 「打音」演奏後~「オルガン」演奏前
の間に、音を切換えてもらうのが良いと思う
のです・・・。
これで万事解決! (と思うのですが・・・)

ハモリについては、全て1オクターブ下で、
私は作成しましたが、29小節は、違う感じ
がします。良いハモリを見つけて頂きたく、
お願い致します。

[担当③] ハモリ/Pad(キーボード)

2種類のPad(上物系)の担当となります。

派手に目立たないかもしれませんが、この曲
の雰囲気を作る上で非常に、非常に重要な担
当です。
担当②もカッコイイのですが、担当③は、玄
人っぽい感じがあるので、個人的にはお気に
入りです。

Pad2を右手、Pad1を左手で、鍵盤1台で弾い
ても良いかもしれませんが、微妙に音色が違
う気がしますので、私的には、2台体制が良
いと思っております。
Pad2は高音の煌びやかさ、Pad1は低音の厚み
を考慮するのが良いのかなと思います。
(あと、弦系なのか、否か 等)
Padにより、曲の雰囲気が大きく変わると思
います。目立ったソロ系部分は無いかもしれ
ませんが、責任重大です!

ハモリは、なかなか難しいかもしれません。
途中でちょこっと入ったりする箇所もあり、
また、歌詞通りで音程違いの箇所が多いの
で、(つまり、ハーハァー系ではない) 気を
遣うと思います。

[担当④] ハモリ/ベース

5弦ベースまたはシンセベースの担当です。

ベースで弾く場合、4弦では、低音が出し切
れず、雰囲気に欠けると思います。5弦推奨
です。

10~13小節は、ベースで弾く場合、ペダル付
きのマルチエフェクターで、ディストーショ
ンのゲインをペダル操作で上げるのが、一番
簡単に雰囲気を再現できる気がします。
音量がうまく増やせない場合は、ベース本体
のツマミでバイオリン奏法も併用すれば、良
いのかなぁと思います。
シンセベースの場合は、使ったことないので
良く分かりません・・・。

演奏技術的には、そこまで難しくないと思い
ます。
音作りにもこだわってみて、重厚感が出せる
と良いのかなぁと思います。

ハモリは 「ハーハァ~」しかないです。が、
それはそれで多分難しいものと思います。
頑張ってみて下さい!

 -  -  -  -  -  -  -  -

ということで、作成後記を書いてみました。
King Gnuさんの曲に挑戦し、なんとか無事に
終えられて、感無量です。
いつもは曲の1番しか動画にしませんが、今
回はあまりの気合から、TVバージョンっぽ
い、いつもより長めの構成にしております!
いろんな点で難易度の高い曲と思いますが、
皆様良ければ是非ご参考下さいませ。



☆☆☆☆彡
ということで、動画の再生数も、私のチャン
ネル的には好調です! やはり人気バンドの
力は凄い! という記事でした。

も、もしかして、そろそろバ、バレンタイン
なのかな・・・?

今年はどうするって? いや、まぁ、
そういえば、最近暖かくなってきましたね。
春ももうすぐですね!

華麗に話を逸らせつつ、本日はここまでに
します。

リクエストについて:2021年1月4日更新

ゆとり会社員のHAYMAです。

現在、いろんな曲を、耳コピしてDTMで打ち
込むことをしています。
バンドで演奏ができる様に、また、基本的に
5人編成 (Vo./Gt./Ba./Key./Dr.) となる様にアレ
ンジして、作業をしています。

作業の完成形を、↓の様な動画でYouTube
にアップしております。
youtu.be

その後、各楽器の譜面化動画をアップしてい
ます。(例として、↓はギター譜面です)
youtu.be


大変ありがたいことに、リクエストを頂くこ
ともございます。ただ、リクエストを頂くに
あたって、下記、変な予防線を張るみたいで
申し訳ないのですが、

「ご希望に沿えないこと(リクエストのお応え
についての、可否/順番/時間 等)があり、ま
た、問題等の発生の可能性がある場合または
発生した場合は、リクエスト対応の方針を変
更しますので、ご了承願います。これに関わ
る全ての判断は、私が勝手に一方的に行う場
合があるので、その旨もご了承願います。」

という点は、ご了承をお願いします。

前向きな表現の文章では無く心苦しいのです
が、私も困ることになっては困りますし、お
伝えしておかなければならない点は、ハッキ
リさせておくのが大事だと思いますので、記
載しております。
ただ、私も、音楽を楽しんでいる1人として、
皆さんのお役に立てるのであれば、可能な範
囲でそのようにできたらと思っています。

2021年1月4日現在、リクエスト対応は問題な
く進んでいると思っていますが、私も困り事
が出てきたら、皆さんに相談させて頂くのも
良いと思っています。いろいろ考えているこ
とはあるのですが、まずは私のチャンネルが
もっと大きくなって、いろんな方々からコメ
ントやリクエストを頂ける様になってからで
すね。


リクエスト対応について、いくつか以下に、
思うところをラフに書いておきます。よろし
ければご覧ください。
結論的には、上記した赤字の内容です。

・著作権的に問題がありそうなのは嫌です。
 これは難しい点です。要相談です。
・土日の空いてる時間で作業しているので、
 たぶん時間がかかります。要相談です。
・フルの長さでの作成は難しいです。時間が
 かかり過ぎるので・・・
・抽象的表現で申し訳ないですが、”難しい曲”
 (演奏が難しい電子系の音が多い、音の種類
 が多すぎる 等)は、多分受けないです。
・既にいろんな方が譜面動画を公開している
 曲は、あまり気が乗りません。


☆☆☆☆彡
ということで、牽制する様な文章で、読んで
いてあまり気分の良いものではないですが、
スミマセンがよろしくお願い致します。

音楽やるからには、皆(あなたも私も)が、ハッ
ピーなのが良いです。もちろん、そんなの綺
麗事なのかもしれませんが、そう思っていた
いのです。

リクエストの件に限らず、ご不明な点、ご意
見等ございましたら、YouTube、ツイッター、
Gmailでご連絡を頂ければと思います。
連絡先は、YouTubeの概要欄に全て貼ってあ
ります。

長文になってしまいましたが、ここまでにし
ます。

【ごぶんのいち/中野家の五つ子】をバンド用に譜面化してみました!

新年あけまして、(ふぅっ)(息継ぎ) おめでと
うございます。
正月も引籠り系ブロガー、HAYAMAです。

ということで表題の件、”五等分の花嫁”の神曲
の1つ、「ごぶんのいち」をバンド用に譜面化
してみました。
この曲、リクエスト頂いた曲でございます!
リクエストありがとうございます!

他の記事書いてたり、他の曲の作業してたり
して、作成から2ヶ月ほど経っていますので、
いろいろ忘れてたらスミマセン。
(King Gnuさんの”三文小説”にチャレンジして
たんです!もし良ければ見て下さい。)
【三文小説/King Gnu】バンド構成 【AIきりたん】【耳コピ】 - YouTube


話が逸れてしまいましたが、とりあえず、
動画を貼ります。
youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be


<作成後記>
長文になる気がするので、作成後記の目次を
作っておきます。



全パート (バンド構成)

いつもの通り、Vo./Gt./Ba./Key./Dr.の5人編成
ですが、できれば、Key.をもう1人入れたかっ
たのが正直なところです。鍵盤がリード音を
担当してしまうと、曲全体の音の厚みを稼ぎ
にくいんです・・・

それに、「ベル」パートはボーカルに弾いて
もらう様に考えましたが、可能であれば、私
はボーカルは歌専任の方が好きです。
この点含めても、できればもう1人いた方が、
理想的ではあります。

ですが、そこは5人編成にこだわるのが、私
なのです・・・

ギター

私にしては珍しく、ギターは全てアコギ音で
す。(たまには良かろう・・・)

最初のアルペジオは、それなりに技術がない
と難しいかもしれません。(多分私はめっちゃ
練習しないと無理)
なるべく簡単な運指にしたつもりですが、必
要に応じて、異弦同音への変更はお願い致し
ます。

Bメロ以降は、グルーヴを感じながら、リズム
良くノリノリと思います。そこまで難しくな
いと思います。

動画でも書きましたが、37小節や42小節に代
表される、”逃げコード”(私が勝手に呼んでる
だけ)ですが、他に良い音があれば、そちらで
お願いします。
いいコードが見つからない時、ルート音と、
それに合うもう1音のみで構成し、それぞれ
オクターブで弾くことによって、無理やり曲
に溶け込ませて、なんとなく厚みがある感じ
に仕立て上げる、HAYAMAの秘奥義です。
良い子は真似せず、理論や経験で、最適コー
ドを見つけましょう!

ベース

この曲、いわゆる、”王道ミドルテンポアニメ
ソング” としては珍しく(そうなのか?)、非常
にベースラインが躍動してます。作業で聞い
ている時、とても驚きました。

聞き取っている時は、めっちゃ難そう・・・
と思いましたが、改めて譜面化されたものを
見れば、そこまで難しくはないと思います。
ただ、ベースの主張も強くなってくるため、
他の楽器とのバランスには気を付けた方が良
いと思います。

エモいベースラインの箇所を、顔と体で表現
できるのが、一流ベーシストの条件と思いま
すので、(えっ) 42小節以降あたりは、ぜひ
頑張りましょう!
(ベースではありませんが、YouTubeで、
「ギター 顔で弾く」で検索すると、たくさ
ん出てきます。つまり、そういうことです)

動画では、(下手くそな)グリッサンドを多用し
てますが、お好みでお願いします。

キーボード

さぁ来ました、問題のキーボードです。とり
あえず、「ベル」は、ボーカルか幻の6人目
の方でお願いします。難しくはないと思いま
す。5小節の連符は、グリッサンドで弾いて
しまえば良いと思います。

さて、ピアノ/エレピ/シンセ ですが、超絶
技巧等は無いので、弾くのはそこまで難しく
ない気がしますが、やはり、音の切替をどう
やるかが問題です。

以前の記事でも書きましたが、私の動画の
キーボードは、弾く技術よりも、
各自所有する鍵盤環境(台数、機能、音色等)
での、演奏構成の設定

の方が難しいのです・・・
例えば、シンセに2音色を設定しておいて、
ボーカルの人に切換えてもらったり、切り換
えるために、1小節分音を抜く 等の対応も
必要と思います。

 -  -  -  -  -  -  -  -

ということで、作成後記を書いてみました。
”五等分の花嫁”の曲は、作業中に胸が切なく
なってしまうところがありますが、なんとか
作業を完結してリクエストにお応えできて良
かったです。
難しい点が多々ありましたが、個人的にはベ
ストにやりきれた感があり、満足できており
ます。


☆☆☆☆彡
ということで、そろそろ2期のアニメが開始
か?調べてないから分からん!マズイ!

ということに気づきました。後で調べておき
ます。

大晦日は、”三文小説”の耳コピ打込みingに必
死で、「笑ってはいけない」を見れませんで
した・・・
録画しといてもらったので、いつか見れるタ
イミングで見ようと思います。

本日はここまでにします。

あけましておめでとうございます2021

お正月はおせち料理? え、割引弁当ですが
何か? HAYAMAです。

ということで、新年あけましておめでとう
ございます。
元日の16時まで必死に動画作成してました。
なんと、King Gnuさんの”三文小説”のバンド
構成耳コピ打込みingです!
詳細は別途記事で書きますが、とりあえず
URL貼っておきます。
【三文小説/King Gnu】バンド構成 【AIきりたん】【耳コピ】 - YouTube


<昨年は・・・>
昨年は、なかなか音楽活動がしにくい一年で
した。皆で集まっての練習は、私は1回もでき
ていません。今年は少しでも良いので、皆で
の練習ができる様になってくると良いと願っ
ています。

昨年は何と言っても私の「YouTube元年」で
した。
ありがたいことに、総再生回数は9000回を超
え、登録してくださる方もおりました。大変
にありがたいです。(ブログの総アクセス数を
一瞬で抜き去りました・・・)
高評価を押して頂いた数も非常に多く、大変
に励みになりました。ご覧/登録頂きました皆
様、ありがとうございます。
あと、実はCubaseも、AIからアップデートを
しており、また、MOTUのM2も入手できたた
め、DTM環境も十分なレベルにすることがで
きました。これで、下手さを環境のせいには
できないです。

ということで、昨年は、ライブや皆での音出
しはできませんでしたが、DTMとYouTubeの
活動の土台を作ることができ、振り返ってみ
れば、(音楽面においては)良い年だったと思
います。
(音楽面以外は何があったんだ・・・)


<今年は・・・>
今年は、まずしばらくは、現状の活動(DTMで
耳コピ打込みingしてYouTubeにアップしてみ
る)を続けてみたいと思います。
新しいことも何かできたらと思います。自作
曲を作ってみることもチラッと思っています
し、その時の状況によって、考えてみたいと
思っています。
ただ、そろそろ、他の皆さんと、関わり的な
ものを持つことも、始めてみたいです。これ
が、ブログやYouTubeを始めた理由でもあり
ます。

ということで、具体性は全くない、今年の抱
負でしたが、頑張っていけたらと思います。


☆☆☆☆彡
ということで、昨年の振り返りと今年の予定
についてでした。
寒波が来ると言われてた割には、私の住んで
る所はそこまで寒くないので良かったです。

はぁ、そうは言っても、少し贅沢した夕飯を
食べたい・・・
明日は割引になったスーパーの寿司を狙おう
と思います。

明日の夕飯に想いを馳せつつ、本日はここま
でにします。

祝! ブログ開設1周年

ゆとり会社員のHAYAMAです。

昨日に引き続き、まさかの2日連続投稿です。

本日、ブログ開設1周年を迎えました!


始めてから1.5ヶ月ほどは、毎日投稿していた
様ですが、YouTubeを始めてからは、更新頻度
が少なくなってますね・・・(泣)

最初は、アクセス数が「0」の日が当然の様に
続いていましたが、最近は、ちょこっとはア
クセスを頂ける様になっています。
たった少しでも、アクセスがあるということ
は、大変に嬉しいものですね。


あと、ブロガーとして目指してみたかった、
Google広告の審査にも受かることができ、こ
れは大変に嬉しかったです。
ですが、現在のアクセス数と記事内容では、
当然収入は無く、まだ1銭も受け取っており
ません・・・(泣)

ただ、現在は収入目的でブログをやってる訳
ではないので、(私の記事をいくつか見れば
それは分かるはず・・・)
当初の目的、「SNSで自分の世界の窓を広げ
てみたい」という形で、今後も継続していけ
たらと思っています。


今回の、私の日記的記事に需要は無いと思い
ますが、とりあえず1つの節目として、書け
て良かったです。
まぁ、今のままずっと同じ感じで続けていて
も、面白みが少ないので、来年からは、何か
新しい感じのこともできると良いと思ってい
ます。


”継続は力なり” と言いますが、少しだけです
が、それを感じられる日を迎えられて良かっ
たです。
久しぶりに、暖かく平和な心持を感じつつ、
本日はここまでにします。

素人DTMerが 『MOTU M2』をしばらく使ってみたので、感想・・・

ゆとり系ブロガーのHAYAMAです。

ということで、表題の件、全世界(少なくとも
日本では)で発売当初から品薄状態が続いてい
る、MOTUのM2について、レビュー的なこと
を書いてみたいと思います!

Twitterで毎日数時間おきに検索かけてたら、
「フリー在庫が生じました!在庫限り販売し
ます!(定価)」的なツイートをしているお店
があったので、速攻注文しました。

私にはオーバースペックで、私より適切な人
に渡った方が、本機も幸せなのかもしれませ
んが、私も夢を見たかったんです・・・

最初に申しておくと、私、音楽系のブログや
YouTubeをやってますが、完全に素人のアマ
チュアですので、深く参考頂かない様、ご注
意下さいませ。 (えっ)

スペック等の紹介は、メーカーホームページ
をご覧くださいませ。


事前情報

私の本機の用途は、DTM作業時にヘッドホ
 ンOUTからヘッドホンで音を聞くこと、つ
 まり”聴き専”です。
 もう少し詳しく書くと、いろんな方の曲の
 全パートを耳コピ打込みしていますので、
 各楽器の聞き取りと、ミックス作業が主で
 す。
例えば、作業の完成形は↓の動画です。

youtu.be

 ですので、以下の感想等は、この用途に限
 ります。LINE INとMIC INは、私はほぼ行い
 ません。

 (動画の最後の演奏は、LINE INで行ってい
 ますが、音質には全くこだわっていません)

・私はオーディオインターフェースは、本機
 とUR242しか使用したことがないので、残
 念ながら他の多機種を含めた体験談は無い
 です・・・

・ヘッドホンは、ヤマハのHPH-MT5を使用し
 ています。
 いわゆる”最高性能機種”ではありませんが、
 十分な性能と思っています。(が、いかが
 でしょうか)

良いと感じたこと

・高位機種と同等のパーツが使用されている
 とのことで、音質はやはり良いものと思い
 ます。具体的には、次項で書きます。

・INとOUTの音量が、メーターで視認できる
 のは、やはり良いです。LINE入力の際に、
 分かり易くて便利です。

・あと、USBバスパワーなのも素敵です。
 DTMの机周りって、配線ぐちゃぐちゃに
 なりがちなので、1本でも線が少ない方が
 良いです。

・ループバック機能があること。あと、軽く
 て小さいです。

UR242との比較

一番大事な音質面についてです。UR242と比
べて、おそらく、”音の輪郭がはっきりしてい
る”
という点は、言っても良いのかなぁと思い
ます。
なので、解像度が高い、聞きたい音が聞こえ
る、等にも繋がるものと思います。

ただ、私の耳が良くないのか「こちらの機器
の方が圧倒的に優れている」という違いは、
100%断言できるほどの確信を得られません
でした。
どちらも、私の用途的には十分な機能です。

ただ、「ではHAYAMAはどちらを選ぶの?」
と聞かれたら、上述の『良いと感じたこと』
と、音の輪郭の強さから、M2を選択します。
(もしかして、ヘッドホンを高性能にすると、差が更に
出る・・・?)

INとOUTの数は、その人の目的により決め
るものなので、特に言及はしません。
各ツマミについては、2機種で違う点はあり
ますが、私はヘッドホンOUTのツマミしか
ほとんど使用しないので、役に立つレビュー
はできないです。(スミマセン)

Cubaseとの相性

書くのが遅れてしまいましたが、私はDTMで
Cubaseを使用しています。
実は、いろいろ問題が起こるのではないかと
思ってましたが、全く問題は起こりませんで
した。(良かった!)
ノイズやレイテンシーの問題も無く、動作も
安定しています。
ループバックは、UR242よりスンナリでは
無いですが、問題なく使用できました。
(まぁ、CubaseとURシリーズは同メーカーで
すのでね!)

購入すべきか

私は”聴き専”なので、”聴き専”の方に向けての
意見ですが、
これから初めてオーディオイン
ターフェースを購入する方は、本機を購入す
れば、おそらく間違いないと思います。

MOTUの高位機種と、同等まではいかなくて
も、それに近い音質の様ですので、本機で、
”良い音質とは”というモノサシを、自分なり
に定められれば良いのだと思います。
定価だと2万円とちょっとなので、コスパは
非常に高いと思います。
(MOTUは、オーディオインターフェースの
業界では非常に有名で力のあるメーカーの
様です)

買い換えを検討されている方は、古い機種で
2万円ほどで購入された物から買い換えるの
であれば、おそらく買い換えの効果は感じら
れるのではと思います。
ただ、URシリーズをお持ちの方は、圧倒的で
劇的な”聴き変化”は感じにくいのではと、個
人的には思います。(私の耳が残念・・・?)

本記事、UR242よりもM2の方が良いと強調
している感じになっていますが、URシリーズ
も、良い物だと思います。今も使用する機会
はあります。
ネットの”オーディオインターフェースのオス
スメ”の記事では、だいたいURシリーズは紹介
されています。

現在、だいたいM2と同価格で販売されている
様ですが、豊富なINとOUTの数、調節できる
ツマミの多さは非常に魅力的であり、ループ
バック機能もあり、Cubaseとの相性は間違い
ないです。Cubase AIも付属していると思いま
す。(要確認)
INとOUTの数を求める方、DTMでCubaseを
使用したい方は、UR242も、間違いなくコス
パの高い選択肢だと思います。

まとめてみた

・”聴き専”の私的には、この価格でこの音質、
 機能は、非常にレベルが高いと思います。
 ただ、UR242と比べて圧倒的で劇的な優位
 性は無いのではと思います。
 高性能であることは間違いないので、私と
 同じ用途の方で、これから初めてオーディ
 オインターフェースを購入される方には、
 オススメしたいです。

・DTMで使用する時、Cubaseとの相性も問題
 なさそうです。

LINE INとMIC INの音質については、別の
 方のレビューを探して頂きますよう、お願
 い致します。

ということで、MOTUのM2について、聴き専
用途ですが、レビューしてみました。
ただ、私は完全にアマチュア素人のDTMer
なので、1つの意見/感想として、捉えて頂け
ますと幸いです。


☆☆☆☆彡
ということで、久しぶりの長文で、MOTUの
M2について書いてみました。

音楽やってると、楽器や機材、いろいろ欲し
くなっちゃいますよね。
私の場合、楽器や機材にこだわる前に、自分
の技術を磨く方が、どう考えても効果がある
ので、いろいろ技術を磨けていけたらと思い
ます・・・

本日はここまでにします。

【翼をあげたい /藤原千花(小原好美)】 のギター、ベース、キーボードを譜面化しました!

早く更新しなきゃと思いつつ、もはや1か月
更新ペースになりつつある、HAYAMAです。

本曲、リクエストを頂きました! リクエス
トありがとうございます!

まぁ、確かに、【答え合わせ(かぐや様)】、
【オセロ(ミコちゃん)】は取り組んだのに、
藤原書記の曲だけやってないのは、違和感は
あったんですよね・・・

一応、「チカっとチカ千花っ♡」は既にやっ
てましたよ!(弁解)

ということで、前書きが長くなってしまいま
したが、まずは動画を載せます。
↓な感じです。

youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be

<作成後記>
長文になる気がするので、作成後記の目次を
作っておきます。


全パート (バンド構成)

いいですかっ!これはあくまで個人的な感想
ですよ! 私が勝手に思っているだけですか
らね!?

『4種楽器各1人構成』という私のこだわりで
作成した耳コピDTM曲の中で、一番か二番目
に満足した出来だと思っています・・・
特に「カラオケVer.」のサビ・・・

あまり自己満ばっかり書いていても仕方ない
ので、とりあえず一度自己満やめます。

全体的に、曲的なことについては書くことが
あまり浮かんできませんでしたので、各楽器
に移っていきます。
音の厚みについて書こうと思っていますが、
これは各楽器のところで書きます。

ギター

そうです。この曲は、ギターが非常に重要な
のです。
サビ以外は、まぁまぁ、簡単な方だとは思う
のですが、サビは非常に難しいと思います。

ただ、ギターを2本にするのはあまり気が乗
らないので、なんとか1本で出来る様にと考
えた結果、こんな感じになりました。
コード弾き的に曲全体の音の厚みもカバーを
しつつ、また、アクセントとなるリード音も
取り込んでおります。

弾けるギタリストの方がおられたら、おそら
く上級者の方だと思います。
ただ、一応、とても下手くそですが、私も、
それとなくギターは少しだけ弾けるので、動
画通りに弾くのは、全く不可能という感じで
はないのではと、思っ(信じ)てはいます。
(私の確認不足で、ありえない運指記譜があっ
たらダメですが・・・)

なんとか皆さんの技術で、色々アレンジしな
がらも、参考頂き弾いてみて欲しいです!

ベース

動画では、とてもグリッサンドが多くなって
おりますが、あまりブンブンやってても違和
感が出ちゃうかもしれないので、要/不要は
いい感じに判断頂ければと思います。

特に超速運指や変なリズムもなく、淡々と弾
けるのかなと思います。

曲的なことではありませんが、できればもう
少し、音を太くしたいんです・・・
音の輪郭やトーンが鋭いと、音の厚みを出し
づらい感じがしています・・・

↓の”キーボード”の項目で「音の厚み」につい
て書きますが、『4種楽器各1人構成』で非常
に重要な要素の1つが、音の厚みです。
ベースは、音の厚みに関して非常に大きな役
割があります。(と思っています)

『4種楽器各1人構成』にこだわるな!
  というお声は、少し我慢頂きたく・・・
   私のこだわりなんです・・・

ベースで良い音作りができれば、曲の音圧調
整やミックス作業時に、非常に有利に働くと
思います。
ということで、いろいろエフェクトいじって
良い設定を見つけたいと思います・・・

キーボード

先ほどギターが非常に重要と書きましたが、
実は、私がこの曲で自己満できた一番の要因
は、キーボードを、好ましい音で構成できた
からです。

本曲は、ギターがコード音とリード音で主張
し、さらにピアノでバッキング的にリズミカ
ルにコード音を弾くことにより、コード弾き
要素とリード弾き要素のバランスを、いい感
じに構成できました(という気がします)。
そして更に、パッドを、時にはコード的に、
また、時にはリード的に使用することによっ
て、ギター/ピアノ/パッドの3種で、バランス
良く曲のユニークフレーズを表現できて、安
定して音の厚みも稼げたと思っております。

簡単にまとめると、ギターの構成に対して、
パッドとピアノでも曲のユニークフレーズを
弾きつつも、音の厚みもいい感じに稼げたと
いうことであります。

曲によっては、『4種楽器各1人構成』での
音の厚み稼ぎは、非常に難しいんです・・・



ということで、本曲、個人的には、まぁまぁ
満足な感じで出来たので、良かったです。
昨日、またリクエストを頂いた曲をアップす
ることができました。
もしご希望あれば、コメントで残してくれる
と嬉しいです!
(リクエストの際に参考頂きたい内容について、まだ記事
を書けてない・・・)


☆☆☆☆彡
ということで、音楽も人望も”厚み”が大事と
いう深い内容の記事でした。

少し前までは、YouTubeのチャンネル登録者
さんが、結構連続で増加していましたが、最
近はパッタリ止んでしまいました・・・
皆さん! 良ければ登録お願いします!
(害にはならない様にしているつもりですので・・・)

次の曲をどうしようかと悩みつつ、本日はここまでにします。

【Route 246/乃木坂46】をバンド用に耳コピでMIDIりました!

ついに1.5ヶ月、ブログ更新を怠っていた、
ゆとり系ブロガー宇宙代表、HAYAMAです。

ということで、DTMをやりはじめてから初め
て、坂道系(48系グループ)の曲に挑戦してみ
ました。

この曲、なんかネットでは、あまりよろしく
ない評価も多い様です。
なんとなく私が理解した範囲で要約すると、
作曲技法が古く、坂道系の歌唱的特徴と噛み
合って無いということの様です。

私はこの曲、好きです。理由を音楽理論的に
説明はできませんが、音とリズムと構成と、
歌唱要素がノリノリだからです。
(えっ こんな説明だけ?)

話が少し脱線してしまいましたが、本曲を、
バンド用に耳コピ打込みingしてみましたの
で、まずは動画を載せます。
↓な感じです。

youtu.be
youtu.be
youtu.be
youtu.be


<作成後記>
相変わらず長文になってしまったので、作成
後記の目次を作っておきます。


全パート

まず・・・、♯と♭と転調が多い・・・。
私の様な、なんちゃってピアノ出身者は、♯や
♭を多い曲を練習してないので、いつもより
手間がかかりました・・・
ということで、譜面動画で、変な感じで♯や♭
が付いていても、ご容赦下さいませ。

あともう1トラック、シンセを挿せると、音圧
や曲の特徴音をさらにカバーできる気がしま
したが、そうすると物理的に弾くのが不可能
になるので、諦めました。

ギター

シンセ系の曲なので、ギターを生かせるか、
不安な感じはありましたが、音圧とルート音
の感じを強める意味で、作り終わってみたら
非常に重要なパートとなっていました。

基本的にパワーコードですが、移動量が多い
ため、難易度的には難しいかもしれません。
(そこは、異弦同音の適用や、皆様の技術で
なんとか・・・)

この曲では、ギターは、音量の管理と、キレ
イな演奏(ミスの少なさ等)が大事と思います。
何気に、高い腕前が必要と思います。

ベース

この曲は、シンセがメインっぽいのですが、
実はベースがカッコイイです。
そこまで難しくはないのかなと思いますので
リズムに乗ってノリノリで弾くのが良いと思
います。

あと、動画後半のネタパートで、見返して
みると、盛大にスベってる気がしますが、
実話なので、どうにかご勘弁下さい・・・

個人的余談ですが、次回からDTMる時にベー
スの音圧を上げる手法を取り入れたい・・・

キーボード

個人的感想ですが、なんとか3音色で構成し
ましたが、今の自分のレベルとしては、良く
3種でやりきったなというところがあります。
先ほども記載しましたが、できれば、もう
1音色入れたかったです。が、そうすると弾
くの不可能なので諦めました。

あと、譜面動画の「見切れ」が酷くてスミマ
セン・・・

イントロと終奏の両手でのオクターブ弾きは
大変かもしれません・・・
音圧稼ぎのために何とかオクターブにしたい
ところですが・・・
あとの箇所は、運指的にはそこまで難しくな
いと思います(が、いかがでしょうか)

基本的に私のキーボード譜面は、運指的な難
易度よりも、皆様が各自所有する鍵盤環境
(台数、機能、音色 等)での、演奏構成の設
定の方が難しいですよね・・・


ということで、私の青春の記憶、48系/坂道系
の曲にチャレンジしてみましたが、そこそこ
納得できる内容で完成できたので、良かった
と思っています。
(まぁ、改善点はいろいろありますので、次回
の曲以降、取り組んでいけたらと思います。)


☆☆☆☆彡
ということで、ウケを狙ってスベると大変だヨ
という記事でした。

最近、ありがたいことに、リクエストを頂く
ことも増えてきました。
リクエスト、ありがとうございます!
ただ、私の個人的な考えを含めて、お受けす
る際の基準もありますので、またブログで記
事にしたいと思います。

あと、ついに全世界がオススメしているオー
ディオインターフェース、MOTUのM2を入手
してしまいました!またレビューしますネ!

一昨日昨日今日と、体調がめちゃくちゃ悪い
です。(自律神経的なものです)
早く良くなって欲しいものです・・・

本日はここまでにします。

Copyright ©ゆとり会社員HAYAMAの雑記 All rights reserved.

プライバシーポリシー